SHOP/INTERIOR 野口太郎ラーメン / 野口次郎


北新地のミシュラン店「野口太郎」の新店舗である。コロナ禍で外食がままならなくなり、その状況を憂い、野口太郎の味を気軽に楽しんでもらいたいという想いで、その看板メニューの一つである手羽先をメインとした手羽先バー「野口次郎」。そしてこれまでオンラインでしか購入出来なかった「野口太郎ラーメン」を実店舗でということで作ったラーメン店。それらの性格が異なる2店舗を同一空間に共存させる為に、道路から店舗手前が野口太郎ラーメン、奥が野口次郎という平面構成となっている。しかし、奥にある手羽先バーは完全会員制。手前のラーメン屋は誰でも入れるお店ということで、その動線の分け方がポイントとなった。そこで入口から真っ直ぐに伸びるトンネルを設け、それを野口太郎の世界観へと誘う仕掛けとし、そのトンネルを抜けた先に手羽先バー、トンネル側面のところどころに開く穴を潜るとラーメン店という具合に、トンネルによって動線を分ける仕組みを作っている。入口扉を開けると奥の壁の鏡効果もあって、もの凄く長いトンネルがあるように感じ、更に外の緑が映り込む為、店内に入ったはずが、外に向かって歩いていくような錯覚に陥る不思議なトンネルである。是非野口太郎の世界観を味わってみて下さい。

写真:中村大輔