RENOVATION SLPUC


築18年の集合住宅の一住戸内のLDK並びに廊下廻りのみの小規模なリノベーションである。この物件を譲り受けたオーナーは、キッチンが狭い事や床材のイメージが古いこと等が気になり、自身が住むにあたり、それらを刷新したいということで、元々小さな空間に納まっていたL型のキッチンをLD空間にまたがる長いI型キッチンに変え、床全体は、淡い色のコルクフローリングに貼りかえた。当然それら仕上げの変更に合わせて壁や天井の仕上げや、それらに伴った細かなディティールも変えることで、全く違う空間に仕上げている。リビングに併設されていた和室はリビング空間の一部に代わり、それに伴って、押入だった場所は、家族の誰もが籠れる読書空間へと生まれ変わった。内部空間の一部という小規模なリノベーションでも、そのイメージをガラッと変えることで心地いい空間に変わる好例ではないでしょうか。

写真:中村大輔