Hideout

Concept

これは八尾市内に建つハウスメーカーの設計による住宅の一部をリノベートするという依頼である。外観は急勾配の切妻屋根を持つ2階建ての洋風住宅であるため、何とか小屋裏スペースを利用できないかという話であった。最初に小屋裏に上ってみると、外観から想像した通りの空間が広がっていた。建物の構造はツーバイフォーということもあり、床合板が当初から貼ってあったので、耐力壁とそうでない壁の判断をし、一部壁を抜くことで開口部や窓を設け小屋裏空間に光と広がりを与えている。壁は全てOSBという種類の合板が使われていたため、素材の特徴をそのまま活かすために、直接自然塗料を塗り、合板の持つ風合いを残しつつ仕上ている。それに対して床は、壁と対照的に全面カーペット敷きとし、構造材という素材と繊維という素材を対比させている。