poh

poh
poh
poh
poh
poh
poh

Concept

京都祇園の花見小路から1本西の西花見小路に面するこのお店は現在のオーナーの祖母の代から続く気軽にお酒が楽しめる場として人気の高いお店である。しかし、築年数が70年を超えた建物の老朽化が激しい上、設備の劣化、建物の傾き、害虫、ネズミ等の様々な被害に対し、精神的に限界に達していたオーナーが全面的な改修を決意された。とは言え、1階店舗、2階住居という伝統的な基本構成や、景観規制により、外観等は変わらない。そこで、上階住居部分は現在のライフスタイルや、家族構成に沿ったプランに変更し、1階店舗は、それまでの「昭和感満載」だった空間(私はそれも好きだったが)から、全く新しい雰囲気に変貌させ、既存客だけでなく、新たな顧客を獲得することも目指した。祇園に行かれたら、是非一度足を運んでみて下さい。

写真:中村写真工房 中村大輔