axis

axis
axis
axis
axis
axis

Concept

神戸市内に位置するこの敷地に、台湾出身の5人家族のための住宅を計画した。敷地形状は前面道路から扇状に広がり、更にその1/3は法面という特殊な敷地の中に2つの軸線を見出し、それらの軸線に沿ってプランを立てた。1つ目の軸線は台湾と日本を繋ぐ軸線(斜め軸)。もう1つは台湾と中国を繋ぐ軸線(縦軸)。そしてクライアントの生活基盤がある斜め軸には、コンクリートという強固な素材を構造体とし、縦軸は鉄骨造とすることで、それぞれの軸線に構造的強弱を付け、関係性の強弱を表現している。こうして完成した軸線上の住宅には視線という新たな軸線が生まれる。それはご主人が長く住まわれたアメリカや太平洋の方角を指し、これからのご夫婦の更なる発展を示す軸線となる。

構造:片岡構造事務所
写真:笹の倉舎 笹倉洋平