shelter

shelter
shelter
shelter
shelter
shelter
shelter

Concept

福井県敦賀市内にある定年を迎えたご夫婦のための終の棲家である。ここで与えられた課題は、冬場の快適性を確保すること。具体的には冬場の屋根の雪を出来るだけ早く溶かすこと、車の雪かきをしなくて良いこと、温かさを確保すること等である。そこで、既存環境下で最も日照時間を確保出来る屋根形状を検討し、家全体を大屋根で覆った。屋根の内側は一体的な空間とすることで、室温を一定に保ち、冬場でも半袖で過ごせるよう計画している。これは、蓄熱暖房機+燃焼系ストーブ+上部ファン+一室空間によって確保した。北陸の厳しい冬の環境下でのシェルターのような役割を果たすこの大屋根の家は、冬場のみならず、その形状から、夏場も風が通り、大変涼しく、自然環境と時には共存し、又対峙する、そんな住宅である。

構造:有限会社天野一級建築構造設計事務所
写真:絹巻豊